大阪市内で戦争平和を考える大阪市内で戦争平和を考える

連結器(れんけつき)の上で

わたしが九年間教えていた高倉(たかくら)小学校の、三十七年前のお話です。

戦争(せんそう)がはげしくなった昭和(しょうわ)十九年。
大阪にいては、ばくだんが、おとされる。
あぶない、ということで、大阪の小学生たちは
いなかへひっこすことになりました。
 海ゆかば、みづくかばね~
小学校の運動場でお(わか)れの会があったあと
先生につれられた三、四、五、六年生が
大阪駅(おおさかえき)に向かいました。

大阪駅(おおさかえき)では、おとうさん、おかあさんとも
おわかれをしました。

小学生と、先生だけの()った汽車(きしゃ)
走っていきます。

だんだん大阪が(とお)くなります。
戦争(せんそう)が終わるまで、おとうさん、おかあさんに
あうことはできません。
こんど大阪へ(かえ)るのは、いつになるでしようか。
汽車(きしゃ)石川県(いしかわけん)めざして走ります。

汽車(きしゃ)は、寺井駅(てらいえき)につきました。
石川県(いしかわけん)人々(ひとびと)は、やさしく(むか)えてくれました。
(まつ)りのおどりをしてくれたところ
赤飯(せきはん)をたいてくれたところ
でも、高倉(たかくら)の子どもたちは
うれしい(かお)をみせません。

高倉(たかくら)の子どもたちは
(てら)から、いなかの学校へ行って
べんきょうをしました。
食べものは、すいとん、イモご飯、
大根(だいこん)千切(せんぎ)りごはんでした。
夜、お寺でねる前に、正座(せいざ)して大阪の方を()いて
「おとうさま、おかあさま、お休みなさい」
というのが日課(にっか)でした。

北陸本線(ほくりくほんせん) 寺井駅(てらいえき)貨物(かもつ)ホーム。
線路(せんろ)がある。
汽車(きしゃ)が走っている。
これに()れば大阪へ帰れる。
お父さん、おかあさんのいる大阪へ。
「おかあさあん」「おとうさあん」
()()夕日(ゆうひ)をあびた貨物線(かもつせん)のホームで
()(さけ)んでいる六年生の女の子がいました。

戦争(せんそう)は、ますます、はげしくなりました。
昭和(しょうわ)二十年六月七日
空襲警報(くうしゅうけいほう)とともに、ばくだんをはらいっぱいかかえた
B(ビー)29 458()が大阪市めがけて()んできました。
一時間半ものあいだ、都島区(みやこじまく)旭区(あさひく)大淀区(おおよどく)などにばくだんを()としていきました。
空中(くうちゅう)でばくはつして、火の雨をふらせるばくだんもたくさんありました。
火の雨をかぶるとあたり一帯(いったい)がたちまち、火の町になりました。

淀川(よどがわ)のていぼうに()げろ」
城北公園(しろきたこうえん)まで()げろ」
ひとびとがさけびました。

学校の校しゃももえました。
運動場にばくだんが()ちました。
大きな音とともに、土けむり。
大きなあなが、あきました。
男か女かもわからない
まっ(くろ)にこげた人の死体(したい)があちこちにたおれていました。
死体(したい)をよけて、城北公園(しろきたこうえん)()げました。
淀川(よどがわ)ていぼう、城北公園(しろきたこうえん)に人々は()げてきました。

「ここなら、安心や」
「家もないから、ばくだんも()とさへんやろう」
ところが、B29は、赤川鉄橋(あかがわてっきょう)をねらったように、
つぎつぎと、ばくだんを()としました。
河原(かわら)に大きいあながあき、人々はふきとびました。
戦闘機(せんとうき)(ピー)51ムスタングも飛)んできました。
パイロットの(かお)が見えるほど(ひく)()んで、
人々(ひとびと)を、機関銃(きかんじゅう)でうちました。
(うご)くものは、何でもうちました。
人々は、草のかげ、土のかげでじっとかくれていました。
城北公園(しろきたこうえん)で千人以上(いじょう)の人がなくなりました。

城東貨物線(じょうとうかもつせん)赤川鉄橋(あかがわてっきょう)  城北公園(しろきたこうえん)
淀川河川敷(よどがわかせんしき)に1トン爆弾(ばくだん)のあとが見える
[1948年8月31日 米軍撮影(べいぐんさつえい)]

 

 区  | 家がもえた人 | よそへ行った人 | 減少率 ( げんしょうりつ )
旭 区 ( あさひく)  | 13,410人 |   19,780人  |  36% 
都島区 ( みやこじまく )  | 66,525人 |   28,135人  |  83% 
昭和 ( しょうわ ) 20年10月 調 ( しら )

石川県(いしかわけん)のお寺に来て八カ月
子どもたちは、大阪にいるおとうさん、おかあさんに、手紙(てがみ)をかきます。
「おとうさま、おかあさま、お元気でいらっしゃいますか、
ぼくは元気です。
はやくアメリカをやっつけて、
大阪へ帰りたいです……」
手紙(てがみ)は、先生が(あつ)めて、大阪へ(おく)ってくれるのです。

夜、子どもたちがねてしまってから、
先生は、子どもたちの手紙(てがみ)をわけています。
先生は、知っていたのです。
大阪にばくだんが落ちたことも
子どもたちの、おとうさん、おかあさんで なくなった人のいたことも。
先生は、なみだぐみながら、
うけとる人のいない手紙(てがみ)をえらびだしていたのです。

八月六日 広島(ひろしま)
八月九日長崎(ながさき)原爆(げんばく)()とされました。

八月十四日  大阪城(おおさかじょう)にあった武器(ぶき)をつくる工場(こうじょう)
ばくだんを落としたB29は
電車(でんしゃ)()まっていた 京橋駅(きょうばしえき)にも、
ばくだんを ()としました。225人がなくなりました。

八月十五日 戦争(せんそう)が終わりました、日本はまけました。

昭和二十年、十日十七日
一年一カ月の 疎開(そかい)が終わり、大阪に(かえ)る日になりました。
「大阪に (かえ)れる。」
「おとうさんにあえる」
「おかあさんにあえる」
どの子も、にこにこと、 汽車(きしゃ)()りました。
先生も、(かお)は、にこにことしていましたが
(かえ)ってもむかえてくれるおとうさん、おかあさんのいない人のあることを知っていましたから、
(こころ)の中では、なきたい気持(きもち)でした。
大阪へ(はし)汽車(きしゃ)の中
「先生、おかあさん、大阪駅(おおさかえき)までむかえに来てくれるかなあ」
うれしそうに、(はな)している子どもたち。

先生は、
(きみ)のおかあさんは、六月のくうしゅうで、なくなったのだよ」
と、 (おし)えてあげないといけないのです。
先生は、いつ()おうか、いつ()おうかと
()()ではありませんでした。

汽車(きしゃ)は峠を越えました。右手に琵琶湖がみえてきました。
先生は、思いつめたようにたちあがると、
一人の子をそっとよびました。
列車(れっしゃ)列車(れっしゃ)のつなぎめの、連結器(れんけつき)のところに
子どもをよんだ先生は、しずかに(はな)しはじめました。
「しっかり()くんだよ、じつは、君の
おとうさん、おかあさんは、もういないんだよ。
六月七日のくうしゅうで……」

その子は、足元を見つめて、黙ったままでした。
汽車(きしゃ)は琵琶湖を右に、大阪へと(はし)(つず)けています。

 

柏木 功(1982年 当時 大阪市立高殿南小学校)

  (国鉄京橋駅爆撃被災記録第2集「歴史の墓標」に収録されています。)

 「連結器の上で」は高倉小学校で6年生を担任していたときに聞いた話がもとです。
 当時、6年生の子どもたちに戦争体験を話してほしいと職場の先生方にお願いしました。校長先生、教務の先生が話をしてくださいました。教務の先生は、自分の戦争体験は学生の時の話なので、それよりも当時創立40周年の記念誌を担当していた関係で高倉小学校の学童疎開引率の先生から聞いた話をしようと、子どもたちに話してくださいました。当時の学級通信をもとに、末尾を史実にそって書き換えました。(2016.7.19)


案内人 柏木 功

↑上へ